Written by me

考えをまとめるため、いつか振り返るために書きます。

Travel

エーゲ海周遊(ギリシャ→トルコ) ⑥:パムッカレ

トルコの石灰棚温泉、パムッカレ。写真で見た白景色へと足を運んだ。 前回は、ギリシャからトルコに船路にて入国した際の記事を書いた。 xlinda.hatenablog.com 今回は、トルコ屈指の観光地で知られるパムッカレについて。 --------------------------------…

岐阜県旅行(下呂温泉、白川郷)

年末から今日に至るまで、何ともせわしい日々を送っていたように思える。 別にやらされている訳ではなく、自分から勝手にそうしていたようだ。 気付けば年度末であり、明日からもう4月だ。 年末から3月末の間では、学会アブスト3つを提出するため、研究を行…

エーゲ海周遊(ギリシャ→トルコ) ⑤:ロドス島→マルマリス

エーゲ海の他の島々とはまた異なる世界遺産ロドス島。 ギリシャ屈指の観光地の一つでもあるらしい。 前回、サントリーニ島後半について記述。 今回は、トルコ入国に向けての中継地点であるロドスタウンと入国後トルコの港町、マルマリス。 -----------------…

エーゲ海周遊(ギリシャ→トルコ) ④:サントリーニ島(後半)

前回、サントリーニ島の前半を書いた。 今回はサントリーニ島、後半。レッドビーチとフィラについて。 時間を持て余した私が、ただダラダラしただけの時間。 ----------------------------------- サントリーニ島の中心地、フィラ。 特にすることがない私は…

エーゲ海周遊(ギリシャ→トルコ) ③:サントリーニ島(前半)

世界で一番美しい夕日、と言われるサントリーニ島。 また、迷路のようなその町並みに惹かれる人も多いだろう。 前回、アテネについて記述。 今回は次の目的地。 エーゲ海周遊、サントリーニ編。前半。その町、オイア。 町歩きと猫。 -----------------------…

エーゲ海周遊(ギリシャ→トルコ) ②:アテネ

エーゲ海周遊、アテネ編。 一日に3本の飛行機に乗り継ぎ、大阪からパリ経由でアテネへ。 アテネ国際空港に着陸したのが23時。 空港から市内中心、シンタグマ広場行きのバスに乗る0時過ぎ。6€。 夜に寂れたバスに揺られ、車窓から見える景色というのは、フォ…

エーゲ海周遊 (ギリシャ→トルコ) ①:まえがき

9月末から10月始めにかけて、 ギリシャ→トルコ (→フランス) とバックパック担いで、エーゲ海を周りを行った。 主なルート。アテネからフェリーを乗り継ぎ、トルコに入国後、北上。イスタンブール、その後パリへ。 楽しいことも、寂しいことも、ハプニングも…

名古屋旅行 (名古屋市科学館、名古屋港水族館)

白色の日差しが照りつける真夏が続いたが、お盆が明け、これから晩夏に差し掛かる。 夏の終わりを感じ、切ない時期を表すように、夕暮れ時にはひぐらしが鳴いている。 ----------------------------------------- 先日、同期の友人4人と名古屋に出かけた。 …

雨の日、黒部ダムと黒部の太陽

先日、"黒部の太陽"という映画を見た。 1968年公開であり、私たち学生にとっては古い映画だ。 映像の奥行き、シーンの切り替わり、石原裕次郎渾身の演技。どれをとっても昨今の映像とは違う。 最近の映画は分かりやすすぎるのではないか。と思ってしまった。…

屋久島 旅行

「屋久島は月のうち、35日は雨。」 作家、林芙美子「浮雲」。屋久島の至る所で目にした、とても有名なフレーズだ。 先日、友人3人と共に、私は屋久島2泊3日旅行に行った。 雨が多いと言われる屋久島だが幸運なことに、この旅行中は雨は降らなかった。 ------…