読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Written by me

考えをまとめるため、いつか振り返るために書きます。

観望会ボランティア

本日、小学校の教頭先生主催の観望会。

佐伯君に誘われ、ボランティアとして参加した。

幼稚園や小学校に通う子供に向けた星の講演。

 

正直なところ、ボランティアというものにはそこまで興味があったわけでは無いが、子供のことは好きなので楽しみにしていた。

 

子供は素直で、可愛らしいなと思う。

望遠鏡を覗きこむ子供の眼差しを、私は真横から覗き込むように眺めていた。

「見える?」と声をかければ、「うん、見える!」と30倍の元気で返答してくれた。

 

f:id:xLinda:20160213210706j:plain

 

写真後ろに写るドームが、大阪市立科学館の移動式プラネタリウム

学芸員さんが中で星座の解説を始めると、子供達は学芸員さんよりも早く答えてしまう。

「あれが、おおいぬ座!」「木星!金星!」

大人も顔負けの星知識。

思ったことを直ぐに、素直に口に出すのも良いなと思う。見習うべきどころがある。

 

 

都合上、佐伯君による重力波の講演が聞けなかったのは残念だ。