Written by me

考えをまとめるため、いつか振り返るために書きます。

エーゲ海周遊(ギリシャ→トルコ) ③:サントリーニ島(前半)

世界で一番美しい夕日、と言われるサントリーニ島

また、迷路のようなその町並みに惹かれる人も多いだろう。

 

前回、アテネについて記述。

 

今回は次の目的地。

エーゲ海周遊、サントリーニ編。前半。その町、オイア。

 

f:id:xLinda:20161025211605j:plain

 

町歩きと猫。

 

-----------------------------------

 

早朝5時に起床、アテネから電車でピレウスに向かった。

チケット販売機がギリシャ語のため、ほとんど理解できなかった。

 

港町、ピレウスで朝焼けを迎え、Blue Star Ferry社のフェリーの大きさに驚いた。

6時50分発のフェリーに乗り、次の島を目指す。

 

 

f:id:xLinda:20161025210135j:plain

 

オフシーズなのか、乗客はそれほど多くは無い。 

ポツポツと人が座り、とても静かな船内だった。

中央に売店があり、コーヒーやパンなどを買うことができる。

 

 

f:id:xLinda:20161025210819j:plain

 

イオス島を経由し、サントリーニ島に着く。

空と海を繋いだ橋のような断崖が、私を迎えてくれた。

晩夏とは思えない日差しの強さと、この島での新たな出会いへの期待に、フェリー甲板上から胸が高鳴った。

 

 

f:id:xLinda:20161025210858j:plain

 

空は青いし、海は更に青い。編集無しで色が出る。今まで見た海の中で一番青い。

青という色へのボキャブラリーの少なさが不甲斐ない。

海に飛び込み、海になりたいと一瞬思ったが、思っただけで終わった。

 

港から小型バスで宿まで送別してもらった。

運転席の隣に座った私に、運転手がサントリーニの魅力をガイド顔負けに語っていた。

 

 

f:id:xLinda:20161025211554j:plain

 

"Anna Pension"という宿に泊まった。

シャワーの温度と水圧も良く、管理人も親身、かつプールもついて、リーズナブル。

言うことなしの良い宿だった。

 

 

f:id:xLinda:20161025211631j:plain

 

ただの道。

宿から徒歩で中心地、フィラを目指す。

人らしく、人並みの速度でゆっくり歩く。

 

サントリーニ島も観光地以外は、とても静かだ。 

日常では意識しないくせに、こういう時に限って、風の音が耳に張り付いてしまう。

風が建物の間を、木々を揺らす。建物は白い。

 

やけに喉が痛く、唇もパサパサするなと思っていたが、サントリーニでは、風が強く、空気も乾燥している。

昼は焼けるような日差しだが、日が沈み夜になると風が冷たく寒い。そんな9月末の気候だ。

 

 

f:id:xLinda:20161025211650j:plain

 

フィラからはサントリーニ各観光地へバスが出ている。

これに乗り、まずはオイアへ。

日本語ガイドブックなどではイアと標記されていることが多いが、現地の人はオイアと発音していた。母音が続く標記にはあまり慣れない日本人だ。

 

 

f:id:xLinda:20161025215838j:plain

 

観光地以外は山、海、空。 バス道から見下ろす島。

レンタバイクやレンタカーで島巡りする人達も多数いる。

惜しくも国際免許証を忘れたため、自分のペースで島を回ることが叶わなかった。

 

 

f:id:xLinda:20161025215849j:plain

 

オイアのバス停付近。

フェリーから見えた、断崖の上に雪のように積もる白い傘は、全てが白い建物の集まりだった。

これから私は、この白の中を行く。

 

 

f:id:xLinda:20161025211728j:plain

f:id:xLinda:20161025211856j:plain

f:id:xLinda:20161025211817j:plain

 

迷路を解くように、狭い路地の間を沢山の人が歩いていく。

写真では全てが伝わらない、町歩きの楽しさが溢れている。本当に楽しい。

小さな白い建物それぞれが、隠れ家のように店を構えている。

道が分かれると、どちらに行くべきか迷うが、どちらも正解と言える。道が続いている、いないではなく、ハズレの無い景色達が、カメラのシャッターを切らせる。

 

 

f:id:xLinda:20161025211902j:plain

 

この建物はトイレ。トイレと言われなければ、絵葉書にも抜擢されそうな美しい景色だ。トイレ利用料は0.5€。

 

 

f:id:xLinda:20161025211943j:plain

f:id:xLinda:20161025211948j:plain

f:id:xLinda:20161025212103j:plain

 

飽きることの無い本当に美しい町歩きだ。楽しい以外の感情が無い時間だった。  

いつか、もう少しだけ大人になった時に、またここを訪れたいと思った。

そのときは今より、少しだけ料金の高いホテルに泊まって、少しだけ良い味のするワインを飲みながら、また同じように夕日を見よう。そうすれば、この日のことをまた思い出せるだろうか。

 

 

-----------------------------------

 

f:id:xLinda:20161026210949j:plain

f:id:xLinda:20161026211434j:plain

 

夕日をじっくりと、眺め続けることは好きだろうか。

黄昏時、日に照らされた世界は刻一刻と色を変えていく。

一時間も経とうものなら、それはもう別の世界だ。

 

世界一の夕日を見るためにやってきたサントリーニ島、その夕日を私は見ていた。

変化する景色の色を、ただずっと眺め続けながら、夕焼けが悲しい訳を考え、終わるのが悲しいか、始まるのが悲しいか。

もう少し考えてみれば、何が悲しい訳でもなく。

じゃあ一体どんな気持ちなのかと自分に尋ねれば、きっと、切ない気持ちだと答える。胸がザワつくような、そんな気持ち。

 

世界一だろうが無かろうが、人が夕日を見て、切ない気持ちになる理由は、私はわからない。

しかし事実。気持ちがある時には生きている実感もある。

この日の夕日に限らず、いつの夕日もそうだろうか。

 

特別な夕日を沢山見る。

私がこの時に決めた、些細な決心の一つだ。

 

 

-----------------------------------

P.S.

 

f:id:xLinda:20161026212352j:plain

 

イカリング、グリークサラダ、パン。

ギリシャはパンが美味しい。

 

 

f:id:xLinda:20161026212353j:plain

f:id:xLinda:20161026213419j:plain

 

ソーセージに蜂蜜和え(?)にきのこリゾット。

日本人の味覚にも合う味付けで、美味しい。

 

 

 

 

後半へ続く。