読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Written by me

考えをまとめるため、いつか振り返るために書きます。

エーゲ海周遊(ギリシャ→トルコ) ④:サントリーニ島(後半)

 

前回、サントリーニ島の前半を書いた。


今回はサントリーニ島、後半。レッドビーチとフィラについて。

時間を持て余した私が、ただダラダラしただけの時間。

 

f:id:xLinda:20161126221700j:plain

 

-----------------------------------

 

サントリーニ島の中心地、フィラ。

特にすることがない私は、ダラダラと街を歩いていた。

 

f:id:xLinda:20161126214229j:plain

f:id:xLinda:20161126214321j:plain

f:id:xLinda:20161126214218j:plain

 

白い街と、青い海を横目に迷路道をひたすら歩き回る。

海を眺めながら優雅にランチを終えた後、特に予定も無いため取り敢えず、レッドビーチに向かうことにした。

フィラからは島のどこへでもバスが出ているので観光がしやすい。

 

余談だが、各国バスの中で音楽を聞けることが多い。

ギリシャのトレンド音楽も沢山聞いた。

(洋楽らしい)パワー(クセ)あるボーカルにアコースティックサウンドの歌ものが多かったような気がする。

 

 

 

f:id:xLinda:20161126214334j:plain

 

バスから下り、徒歩でビーチを目指す。

左に行けば、古代ティラという遺跡があるが、アテネギリシャ遺跡を沢山見たため(億劫なので)、私が足を運ぶことはなかった。右折しビーチへ。

 

 

f:id:xLinda:20161126214411j:plain

f:id:xLinda:20161126214424j:plain

f:id:xLinda:20161126215301j:plain

 

島の田舎道をしばらく歩いていくと、観光地の気配を感じ始める。

崖の上ではおじさんが、バイオリンを弾いていたためか、気分も少し高まっていた。

 

 

f:id:xLinda:20161126221605j:plain

f:id:xLinda:20161126215323j:plain

f:id:xLinda:20161126215359j:plain

 

崖の上から赤い崖を撮影する人が多かった。

ビーチ自体にはヌーディストの方々も何人かいたが、全体としてそれほど活気がある様子ではなかったようにも思える。どちらかと言えば、落ち着いた静かめの雰囲気。わざわざ島中心部から少し離れたこのビーチに足を運んでまでワイワイする必要がないためだろうか。何もせず寝転がってボーッとしている方々が多かった。

しかし海は青い。あと、水温はかなり温かい。

 

 

f:id:xLinda:20161126215510j:plain

 

一緒に泊まっていた友人が朝日を見たいと騒いでおり、それに釣られて起きてしまった時に見た朝日。夕日とは違う色。しかし眠たいのでこの後すぐ二度寝

 

 

f:id:xLinda:20161126215603j:plain

f:id:xLinda:20161126215640j:plain

 

基本的にだが、(ポジティブに)暇である。

サントリーニを出ようと決めた最終日に限っては朝から深夜0時発のフェリーまで予定はなし。もちろんそういう方が寧ろ好き。

 

 

f:id:xLinda:20161126215709j:plain

f:id:xLinda:20161126215655j:plain

 

カフェを何件かはしごしてるおかげか、旅中この日に書いていた日記は無駄に量が多い。(尚、殆ど戯れ言ばかりでブログに残す価値すらない笑)

粉がかかったような状態で出されるグリークコーヒー。案の定ザラザラしている。1杯当たり3時間くらい滞在。そういう時間感覚だった。

カフェから崖下を眺めればフェリーが見える。3時間たとうとも殆どフェリーは動いていないように見えた。

 

 

2ユーロで食べたアイスクリーム(ミルフィーユ味)がとても美味しかった。

見た目はアイスクリームだが、味はミルフィーユの食感などが再現されたアイスクリームというよりもアイスで作ったミルフィーユ(?)。

日本にいるとハーゲンダッツ以上のアイスを食べる機会が中々(私は)無いが、ハーゲンダッツの5倍くらい美味しかった。

 

 

f:id:xLinda:20161126215731j:plain

 

夕日が沈み始めると、街のどこからか人が集まってくる。

アコギで場を盛り上げるものや、必死にカメラを構えるもの、ただじっと沈む様を見届けるもの。

 

 

f:id:xLinda:20161126215824j:plain

 

日が沈むと、日中とは打って変わってとても寒い。

島中心地なので、夜も街自体は賑やかである。

フェリーまでの時間を潰すためにただ街を歩いていたが、風が特に寒い。

 

 

-----------------------------------

 

写真を撮り忘れたのだが、最終日の夜、外のあまりの寒さに私はカトリック教会に入れてもらった。

荘厳とした雰囲気のある場所に声を出すことすら躊躇われた。私は思わずロウソクを手にとってそっと添えた。

私自身が夜の寂しさ、寒さに少しだけ不安をかき立てられていたためだろうか、自然な気持ちで祈りをささげてみたくなった。

 

宗教の基礎に関して高校倫理で一通り習ったつもりではいたが、この時初めて受け入れてもらい、信じることというのを実感したような気がした。

自分でも何が言いたいのかうまくまとまらないが、何となく優しい気持ちになった。

 

 

教会内に長居するのも悪いと思い、お礼を告げ、その夜は夕食を外で食べていた。

寒さに凍えながら、"あぁこれ風邪ひくやつや"と思っていたがあまり考えないようにしていた。

その時にレストランの店員が "Inside?"  と声を掛けてくれた。

こんな人がいるのかという思いで、ありがとうと連呼し続けるしかなかった。

 

 

日本はとても親切な国と言われるが、親切な人というのは日本に限らずどこにでもいる。

室内はとても温かいし、人の優しさも温かい。

旅しているときは、感じた気持ちが100倍に感じれる。

普段思わないようなことにすら、感謝してしまいたくなる夜だった。そんな日もあるってことにしておいてくれ。

 

 

 

f:id:xLinda:20161126215832j:plain

 

フェリーデパーチャー。

 

-----------------------------------

P.S.

 

f:id:xLinda:20161126215806j:plain

f:id:xLinda:20161126215755j:plain

 

土産ワインを買った際に付いていたクーポンのお店でディナー。

 

 

f:id:xLinda:20161126215433j:plain

f:id:xLinda:20161126215424j:plain

f:id:xLinda:20161126215427j:plain

 

トマト揚げたやつ。

 

 

f:id:xLinda:20170118231507j:plain

f:id:xLinda:20170118230328j:plain

 

写真は大きく失敗しているが、人生で一番美味しいパスタだった。覚悟の25ユーロ…。